KNTRの◎Ecstatic◎

nicofm.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 16日

ZAZEN 日比谷シティー音楽堂

d0027827_22583614.jpg日比谷野音でZAZEN BOYSのライヴを観ました。

6時まで仕事だったので、6時5分に打刻し日比谷線に駆け込む。
地下鉄出口をでると、すでに柔道2段マツシタアツシの出すバスドラの音が聞こえます。

大東京のコロッセオは人でごった返し、揺れるアタマは4000を超えている模様。ステージには四人の竜。5個ものミラーボール。上空にはヘリ。周囲はノースリーブを着てビールを飲む女。ピーカン。最高。

ZAZEN BOYSの演奏は、まるで人間の臓器を連想させるようなモノでした。あきれるほど緻密にできておりドクンドクンと脈打つように生命感に満ち溢れ、強さと優しさが音の粒を抱きしめているよう。ギターが指揮棒にみえたのは生まれて初めて。

ムカイはとんでもない人間だ。普通風だから、なおトンデモナイ。勝てないと思ったと同時に、心地よい敗北感と安堵感がありました。



勝てない。ステージが違う。そう感じたすごいライヴでした。また観よう。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-06-16 23:08
2007年 06月 12日

30

本日で30歳になりました。

ハタチの時に30歳まではアッという間だよ~なんてよく言われたもんですが、全然アッという間じゃなかったです。それなりの時間がシッカリありました。ハタチの時から『絶対にそんな事はない!!アッという間なんて嘘だ。』って思ってましたし(笑)
あと10年かけて、もっと優しく、もっと丸くなりたいです。そして父親になるべきだと思っております。お酒とタバコと博打はこれからもやりません。女遊びも最小限に抑えます。なんて甲斐性のない男だ!って感じですが、この価値観がスタンダードだと、じつは思ってまして、あながち悪くないもんです。

『犬が居ればいいや。出世しなくても。』こんな大人になるための離陸の日が、今日なのかもしれません。

そして引越しに伴いまして、一時インターネットの世界とおさらばいたします。復帰後はまたヨロシク。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-06-12 11:09
2007年 06月 03日

ザ・チョイス


みなさんはザ・チョイスというコンペをご存知でしょうか??

イラストや絵に興味を持ったことのある方ならご存知かと思いますが、隔月奇数月に発行されるイラストレーションという雑誌内で毎号異なる審査員が一人でチョイスするという誌上コンペ、それがザ・チョイスです。歴史も深く非常に影響力があるコンペで、入選した方は自分の経歴に書き込んだりしているのをよく目にします。

d0027827_2282026.jpgそんなザ・チョイスの審査員が《5月-箭内道彦》《7月-リリー・フランキー》という事で、半年ぐらい前から頭の傍らに置いてました。
見つけてくれるんじゃないか?気付いてくれるんじゃないか?僕はここにいるよー。そんな気持ちで箭内さんの回に大好きな2点を応募してみました。今の僕が描ける最高の絵を。

今日その結果を知りました。落選でした。

戻ってきた絵をみたら『長旅お疲れ様』って気分になりました。一生大事にします。箭内さんの2コのまなこが確かに通った絵です。ハシにもボウにもふれない結果でしたが、もっと大切なものに触れた気がします。次回はリリー。待ってろリリー。

イラストレーションから返信されてきた封筒を手に、ぼんやり女子バレーの番組を見ていたら監督が『負けるが勝ち』って言ってました。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-06-03 21:58
2007年 06月 03日

PV

d0027827_168227.jpg U.N.K.L.E.の新曲PVが見れます。

オフィシャル


2枚組限定盤はショートしてしまっているようですので、お早目のご購入か早めの予約をオススメします。
ちなみに僕は予約済。

フューチュラのアートワークがないのは残念ですが、3Dのアートワークも好みです。サマソもワクワク。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-06-03 16:09
2007年 05月 31日

メモ

6/3(日) TBS 情熱大陸 23:00~ 風とロック 箭内道彦

6/7(木) 総合 トップランナー(再) 24:10~  彫刻家 棚田康司
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-05-31 22:57
2007年 05月 28日

5/28 デザインフェスタ終了

僕の絵を気に入って、購入してくれた皆さんに感謝します。
トイレでもキッチンでも枕元でも良いので、飾って頂ける事を祈ります。

テイクフリーの名刺やティッシュを持ってってくれた人にも感謝。

安い金額でも買ってくれた事実ができた以上、自分で自分の絵を「くだらない」と言えない理由ができた。俺の絵なんてしょーもないって思うのは、買ってくれたみんなを否定する事になると、僕は思う。

小銭1枚と少しの笑顔がこんなに意味を持つなんてって考えながら、買ってくれた人の顔を思い出してたら、嬉しくて泣いた。まだ午前中なのに。

こんな気持ちにさせる僕の絵は、やっぱり凄い。 って思ったら、また泣いた。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-05-28 11:47
2007年 05月 26日

5/26 30

d0027827_11202760.jpg   RUMI / Hell Me WHY?? (2007)

オーランド・ブルームが30歳だって知って、驚いた。平和だ。

RUMIの新譜「Hell Me WHY?? 」が僕にシックリきすぎて驚いた。
彼女のラップは良い。
自己主張しながらも、少し引いた目線・冷めた目線が最高です。
エレクトロニカ風味のトラックも僕には心地良い。ブルーハーブの新譜と交互に聴いてます。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-05-26 11:18
2007年 05月 19日

5/18浅草飲み会。

友人4人で飲みました。140万人が集まるという浅草三社祭の日だったので、粋な男女が沢山いました。
そんな中、友人の昔のあだ名が『イッポングソッチ(一本糞っち)』だったという事を聞いて一同笑い死にました。これまでの人生で最悪なニックネームを聞きました。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-05-19 11:23
2007年 05月 17日

出展します。

d0027827_21425473.jpg
5/27(日)デザインフェスタvol.25に出展します。

時間がある方は、是非会いにきて下さ~い。
ラリルレコードって名前で出展してます。

現在、お買い上げくださった方用にCD作ってます。ノベルティーです。
友人が作ったトラックや、僕の大好きな曲を入れます。

お待ちしております。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-05-17 21:41
2007年 05月 09日

5/9 BRMC81

d0027827_1265760.jpg  Black Rebel Motorcycle Club / baby81 (2007)

2001年、彼等に『俺たちのロックンロールよ、どうしちゃったんだい?』と問いかけられた方。 ビンテージギターから紡ぎ出されるジーザス&メリーチェインの楽曲にも似た時間の上を、マークボランがつぶやく様なあの声で問いかけられた方。 2002年のレッドマーキーで暗黒の煙に包まれた方。 BRMC、最高の4thアルバムができました。
ほんとに最高です。激しい。試聴機のヴォリュームMAXでした。


ストライプス、ストロークスがシーンに出てきたあの時。時代が変わったあの時の洗礼を受けてる方には間違いなくグッとくるはず。マムラとかビューとかブロンデルとかカワイイ子達を聞いてる耳にザックリきまっせ、旦那。

これを聞きながら、昔お世話になってたパンクスの先輩を思い出して涙ぐみました。モヒカンにする事が、鋲ジャンを着る事が、タトゥーだらけの腕がPUNKじゃねーと力説したビールっ腹のあなた。家に遊びに行くと愛猫の「ゴクウ」を膝に乗せ、創刊号から並んだDOLLの前で『A級B級のパンクは聞き尽くしたからC級を聞いてんのさ』と言いながらカップ麺をすすっていたあなた。心から愛するバッドブレインズを「グッドブレインズ」と茶化したら大人げなく本気でキレてたあなた。10万貸してくれたあなた。一緒に泣いてくれたあなた。当時好きだった美容師の女に告白するよう焚きつけてくれたあなた。線引きすることなくポリシックスをパンクと言ってくれたあなた。 きっと気に入るぜ、これ。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-05-09 12:17
2007年 05月 06日

5/6 価値

もう8年ぐらい前から付き合いのある女性の友人と呑んだ。池袋で。

人生の話や音楽の話、仕事の話や異性の話、昔話も交えて盛り上がった。

その子が少し前に出会った社長の話を聞いた。大手スロットメーカーの社長だって。

友人の女友達を気に入ってた50歳のおじさんらしい。

その社長の奥さんは宝ジェンヌで、お嬢様らしい。
社長は社長でパチンコ屋でメインの機種といって良いぐらいの人気台を販売する会社のドン。
会社役員としての株の配当も想像を絶するらしい。

友人の女はバイクを買ってもらったらしい。70万円現金一括。
引越しの費用も払ってくれたらしい。100万円現金で。
買い物に使っていたカードローンも、50万円を持ってきて「無くせば?」ってサラリ。
職場の仲間とみんなで「飲めば?」って20万円置いていったって。

友人にも、お気に入りの女友達にも何も求めないらしい。
仕事一筋でここまで来たから、そういう遊びをしたいんだって。


家に帰ってきて猫に甘えられたり犬のシャネに「散歩連れてけ」って吠えられたり。
彼女から「薬局で水99円だから買っといて」ってメール来たり。

ビンボーくせーけど、俺、幸せなんだって思った。彼女と結婚しようかなって思った。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-05-06 15:09
2007年 05月 06日

5/6 大雨

           難波氏のブログより  なんだよこれ・・・。どうしろってんだよ・・・。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-05-06 14:48
2007年 04月 28日

4/28 H

d0027827_2154951.jpg


                                   僕らのためのH。

        
                                     ・蒼井優
                                     ・宮﨑あおい
                                     ・木村カエラ
                                     ・中島美嘉
                                     ・中川翔子


                                     サンキュー。                       
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-04-28 22:00
2007年 04月 27日

4/27 9mm

d0027827_1155462.jpg 9mm Parabellum Bullet / Phantomime (2006) PV(Mr.suicide)

9mm Parabellum Bullet(キュウミリ・パラベラム・バレット)のライヴに行って来ました。代官山unitはギュウギュウのお客さん。平均年齢ハタチぐらいじゃないかなぁ??スゲー若い雰囲気でした。

キュウミリとは、静と動、タメ、キメ、ガナリ、ストップ&ゴーなど、あらゆるギミックとテクニックと手数を駆使してステージを創造し、EMO、HARDCORE、METAL、POST ROCK、さらにはいわゆるビジュアル系のテイストを小さじ1杯振りかけた様なバンド。まぁPV観てみて下さい。 今リリースされてる2枚の作品は、あの鬼才インストバンドte(テ)のkono氏をプロデューサーに迎えて残響レコードから発売されております。

ステージを見てみて新しい時代を作ってるなって感じがヒシヒシと伝わりました。もし僕が十代だったらドップリはまってしまうでしょう。vo.の方の目つきは鋭く、どこか教祖のそれを持ち合わせていると感じ小さな鳥肌が立ちましたし、ギターの方のテクニックはその世代最高峰であると思わせるギターヒーローっぷり。きっと学校をサボッて部屋で早弾きの練習をしてたタイプのギーターキッズ。やっぱライトハンドとピッキングハーモニクスは盛り上がる。もう1人のフロントマンであるべーシストもまるでホラーズのごとく目の下まで髪の毛で覆われていて、マイクの位置がひざの辺り!!!!!!これに1番驚いた。低い位置で弾き低い位置でがなる。ドラマーはひたすら叩きまくり。ステージ上のメンバーはお客さんの誰よりも暴れてるし(笑)ステージ上モッシュ状態。若い子にとってこれは憧れの対象以外何者でもないでしょうと。 そういえば最近こんなにメタリックな音を出すバンド、日本には目立っていないもんなぁ。

ですが、ZAZENBOYSⅢを聞き込んでいる僕+同伴した友人2人は、やはりノックアウトまではいきませんでした。向井氏の影響を受けないことは、もはや無理なんでしょう。と、僕ら3人は話しながら恵比寿駅まで歩きました。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-04-27 11:57
2007年 04月 25日

4/25 給料日

d0027827_22375427.jpgarctic monkeys / Favourite Worst Nightmare (2007)

なんだかんだ言って超金欠でも入荷日に買った、アークティックモンキーズの2ndアルバム。
なにはともあれ、このバンドロゴがどうも好きになれないんですけど・・・ジャケット、ブックレット、ノベルティー、販促品なんかのアートワークは大好きな類なんだけど、どうもあのカクカクのロゴが好きになれない。なんとか昔の丸っこいのに戻してもらえないかな・・・。

肝心の作品自体をサラッと一聴した感想は・・・たぶん大多数の人が感じたと思うけど、キャッチーでアッパーな曲が少ないなぁーと。まぁ地味な印象は否めませんでした。良い悪い・好き嫌いは別としてね、勿論。しかも、まだシッカリ聞きこんでないから。それでも僕の好きな方向に進んでるのは間違いない。モンキーズのリズムの部分がやっぱりたまらなくカッコイイ。やっぱダンスミュージック。さらにダンスミュージック。
#3「D is for Dangerous」#7「Do me a favour」#9「If you ware there.beware」#10「The bad thing」あたりを聞くと彼らのハンパないポテンシャルを感じさせられニマニマしちゃいます。 ゆっくり聞かなきゃ。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-04-25 22:40
2007年 04月 23日

4/23 スーパーかっこいいカー

d0027827_10251898.jpg スーパーカー / スリーアウトチェンジ-10Anniversary Edition- (2007)

この作品がリリースされた10年前、僕はエピタフやらファットレックやらルックアウトやらを聞き漁り、WARPマガジンとかDOLLを読み、毎夜友人と遊び歩いていました。日本の音楽はハイスタとココバットぐらいであとの大半はPOPSと見なして毛嫌いし、海外の良質な音楽も軟派なダルイ音楽だと思ってました。3分以上の曲は認めませんって感じ。

なのでこの作品も余裕でスルー。
10年たって目の前にあったコレを何気なく聞いてみました。そしたらどうでしょう、死ぬほどイイ!力が入りすぎてない全体の感じ、ミキちゃんの舌っ足らずな声、うつむき加減なナカコーの歌、ダイナソーJr.大好きな石渡淳冶が影で支配するオルタナティヴな雰囲気。その昔、大嫌いだった要素が全部良く感じる。

当時、読書部で目立たず控えめだったあの子。3年間で交わした会話は1~2回。いつも暗くて自分とは縁のない子だと思ってたあの子。 大人になって10年ぶりに同窓会で出会ったあの子は何も変わらずおとなしく控えめで。かけてたメガネはコンタクトに、2つ結びだった黒髪はパリっ子のようなカーリーヘアーで。そんな雰囲気がたまらなく魅力的。10年前には気付かなかった君をもっと知りたくなった午後4時のサウンドトラック。そんな名盤。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-04-23 10:26
2007年 04月 22日

4/22 すこぶるイイ。

d0027827_21215667.jpg blond redhead / 23 (2007)

ブロンドレッドヘッドの7thアルバムがすこぶるイイ!!ものすごイイ!!!
実はこのバンドをきちんと聞くの、今作が初めてなんです。なにやらカッコいいバンドがいるってのは聞いてました、だいぶ前から。なんかタイミングが合わずに聞けてなかったんです。

そんな僕のような方に、ブロンドレッドヘッドって?→'92年頃、ミラノ出身の双子兄弟、アメデオ(Vo/G)とシモーネ(Dr)、そして日本人で京都出身のカズ(Vo/G)を中心にN.Y.で結成。バンド名はアートリンゼイ率いる'70年代末のノーウェイヴ・バンドDNAの曲名からとられた。'93年のデビュー作『Blonde Redhead』以来、現在までに7枚のアルバムをリリース。フガジらと精力的にライヴを行ない、5thアルバム『Melody Of Certain Damaged Lemons』をリリースしたときには、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの全米ツアーでオープニング・アクトを務めるなど、ファン層を広げた。
そして'04年3月に6thアルバムとなる『misery is a butterfly』をリリース。フガジのギー・ピチョットを迎え、美しくも儚いエモーショナルな最高傑作に仕上がった。この作品を聴いた数々のアーティストが衝撃を受け、PVの制作陣はレディオ・ヘッドの「There, There」を手掛けたクリス・ホープウェル組、さらにニール・ヤング以降、8年ぶりとなるジム・ジャームッシュが手掛る。

フガジとライヴしてたなんて!!!!!なんて素敵なコンビなんだ。
ベースレスとは思えないリズミカルなアルバムで、アートロックって括るにはあまりに窮屈。アンビエントな打ち込みを手に入れたTRAVISに、アク抜きをしたBJORKが参加したよう。これは今年のTOP10入り確定。
これを聞きながら晩飯の材料を買いにスーパーに行ったら、途中で雨が降り出した。きっとカミナリ野郎がいじけて降らせたんだ。俺にも聞かせろって。それほどの名盤。

   そんなに言うなら聞いてみっかって方マイスペ是非!いや絶対是非。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-04-22 21:32
2007年 04月 22日

4/22 サマソ07

d0027827_12362288.jpgサマーソニック07にU.N.K.L.E(ジェームズ・ラヴェルのユニット。)が来るようです!!!
しかも日曜日にエントリーされてる。・・・って事は同日に出演してるDJシャドウとのタッグも観れるかもって事??
U.N.K.L.Eの1stアルバム「Psyence Fiction」はジェームス・ラヴェルとDJシャドウが創り上げた傑作で、2ndアルバム「Never Never Land」はシャドウではなくラヴェル+Richard Fileとの作品になったんです。 2ndアルバムも大傑作で、僕自身も大好きなアルバムなんですが・・・やっぱ1stアルバムのインパクト・出会った時期・meちゃんからいまだ借りパク中(かれこれ7年ぐらい)である事実・観音開きのデジパック・参加メンツ(MIKE D,RICHARD ASHCROFT,BADLY DRAWN BOY,THOM YORK)・・などを踏まえると、ジェームズ・ラヴェル+DJシャドウって組み合わせは僕にとって最強なわけですよ。
しかもですよ、しかも。そもそもこの日曜日、DJシャドウはカットケミストと共演するわけだから・・・贅沢は言ってられませんが。とにかく嬉しくて、早速U.N.K.L.Eを聞きながらお昼を食べたって報告。
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-04-22 12:32
2007年 04月 20日

4/20  サ・イ・コ・ウ・

d0027827_2231167.jpg 4/25発売の柴咲コウのサードAL「嬉々」です。

ブックレットの写真が、いや、ジャケ写も最高です。sa・i・ko。ブックレットは可愛いのマシンガン。
実は前の前の彼女に少し似てるんです(笑)目と眉が似てるわぁ~。

シバサキコウ改めシバサイコウ。 なんと「嬉々」、限定盤のほうがジャケ可愛くないんです(汗)
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-04-20 22:10
2007年 04月 18日

4/18 ボーイズ・オン・ザ・ラン

d0027827_14415270.jpg今日は寒い。 さっき愛犬の散歩に行った。 ダウンで行った。 うー寒ぶいー。

友人にマンガを借りました。『ボーイズ・オン・ザ・ラン』1~5巻。こんな寒い日は部屋で読書が一番。

27歳男、夢・趣味・彼女ナシ。自信も勇気もナシ。あるのは不安だけ。仕事も平凡なサラリーマン。
職場には思いを寄せる純朴な女の子『ちはる』。なかなか話せなかったちはると遂にメアド交換・・・。

「土下座」か「決闘」か。 「負け組」か「勝ち組」か。 「中年」か「少年」か。 「いい人」か「獣」か。
白昼の池袋。為す術なくボコられた。大好きな・・・ちはるちゃんの前で。ヒーローは現れない。


友人が言うように、これがまた面白い。三十路前の不安な気持ちや奥手な男子の恋心を、実にオモシロく表現しています。浴びせられる罵声や暴力は必要以上に痛く響きます。大半のいい加減な男子は必見でしょ。きっと重ねて見ちゃう部分あると思うよ。最高。

                  流されて三十路目前。走り出すなら今しかねーぜ、ボーイ
[PR]

# by vans_oldskool | 2007-04-18 14:48